<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

*スポンサーサイト*

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * - * *
*孤独とぬくもり*

広沢くんのうたに感じる、孤独感とぬくもりがとても好き。
寒い季節には、どうしても聴きたくなる。
今さらだけど、広沢くんにはまってます。

ついこの間、広沢くんのライブの前には、馬場さんにはまってたのにね。
広沢くんのライブをきっかけにワッツに戻って、そして馬場さんのライブが近づいてきた今は、広沢くんにはまってる。
変だよね?
私ってなんかずれてる。
っていうか、かなり自由。笑
仕方ないよね。そのときの気持ちの向くものを聴いているんだから。

孤独感、やるせない感じ。
広沢くんの曲に感じるそういう部分が、以前からとても好きだった。
それが、寒い季節にとてもしっくりくる。
寒いときは孤独を感じやすいから。
同じような気持ちの歌に、何か安心感を覚えてしまう。
淋しいけれど、嫌いな季節じゃなく。
淋しいからこそ人のぬくもりを感じることができる、そんな冬という季節が好きだったりする。

何曲か、YouTubeに上がってる曲を貼ります。
私が特に、孤独感とぬくもりを感じる曲で、好きな曲を選んでみました。
以前に貼ったことある曲ばかりかも。好きな曲って、そう変わらないから。
でも、久しぶりだからいいよね。

「ブルー」
広沢くんを好きになるきっかけになった曲。
何度聴いてもせつなくて、なにか胸にジンとくる、今でもやっぱり1番好きな曲。



「キスの速さで」
このリズム、踊りたくなるテンポ、かっこいい演奏、ちょっとドキドキしてしまう。
冬の冷たさとぬくもりを求め会う心が、せつなくてキュンとなる大好きな曲。



「ハミングデイ」
広沢くんが背中を丸めてピアノ弾く横顔に、キュンとなってしまう曲。孤独感が強くやるせないね・・。
またこの曲を歌う広沢くんの声は、特に私のお気に入り。いい声してるわ。。



「あたたかい季節」
あたたかい季節は春のことじゃなく、冬のこと。
冷たい季節だからこそ感じるあたたかさ、そんな季節が好きだと歌う広沢くんに、共感してしまう私。



今さらながら、広沢くんの歌詞の世界にやられてしまうなぁ。。
しばらくはまっていそうです。もうすぐ馬場さんライブだけど。笑
* comments(0) * - * 広沢タダシ * 02:05 *
*広沢タダシ WINTER TOUR 2011「ジャメヴ」@ 福岡ROOMS*


先週、広沢くんのライブに行ってきました。
もう1週間も経っちゃったんだなぁ。。
いい加減書き留めておかないと、セトリも何もかも忘れてしまいそうなので、ここら辺で。
すでに少し記憶があやふや。
かといって、他にレポを書いている人も見当たらず・・・
私ってそういう調べごと、非常に苦手です。(^▽^;)
時間をかけたくないので、ちょっと調べて分からなかったら、すぐに諦めちゃう。
なので、セトリは私の記憶どおりということで、あんまり自信ないです。ごめんなさい。

ライブはすごくよかったのですが、その後に観たライブDVDがもっとよかったので、広沢くんはやっぱりバンドライブがいいなぁ〜バンドライブ観たいなぁ〜っていう気持ちになっています。
福岡に来てくれるときは、いつもソロなので。
去年の雷鳴ツアーでは、風味堂のかっちゃんが一緒だったから、少しはバンドっぽい感じも出ていてよかったんだけどね。
好みによると思うけど、私は弾き語りよりバンドが好き。
座って静かに観るライブより、踊ってはしゃぎたい方だし・・。
いい歳して変だね、私って。笑



そんなこと言いながらも、楽しんできました。
じつはアルバムをほとんど聴いてなくて、曲名も分からないんじゃないかと心配したけど、広沢くんが曲名を言ってくれてよかったです。
とってもいい席で、よい音、よい声を聴くことが出来て、やっぱり生っていいなぁと。
もっともっとライブに行けたらいいのに、って思いました。

まだツアー始まったばかりなので、ネタバレを含む部分は隠しますね。

続きを読む >>
* comments(0) * - * 広沢タダシ * 21:56 *
*広沢タダシSPRING TOUR 2011 〜あたたかい季節〜 @ 福岡ROOMS*
昨日、広沢くんの春のツアーファイナル@福岡に行ってきました。
広沢くんのライブは、去年の夏以来8ヶ月ぶり。
東京や大阪に住んでいたら、年に10回ぐらいは広沢くんに逢えるんじゃないかって思うほど、精力的にライブ活動をされてるアーティストさんだけど、福岡は本当に久しぶり。
それでも、1年も経たないうちに来てもらえたなんて、すごいと思う。
本当に嬉しかったです。
広沢くん、ありがとう。 



チケットにスタンディングと書いてあったので、弾き語りなのにスタンディング??って思っていたけど、
ROOMSの中に入ると椅子が並べられてありました。
後ろの方にはテーブル席も。
全部合わせて50席ぐらいかな。
私は番号が早かったから、席は選び放題だったのだけど、あんまり目の前ってのも抵抗あって、1列目の端寄りの方をゲット。
それでも目が合うと恥ずかしいぐらい近かった。
まあ、3年前の山口でのカフェライブの近さには、負けるけどね。笑

5時ちょうどに開演。
ステージには広沢くんひとり。 ギター2本にグランドピアノ。
今回、弾き語りだけどプラグありで、音はとってもよかったですよー。
ギターの音が、かっこよすぎました。 とにかく、上手いしね。
惚れ惚れしちゃった。(〃∇〃)
今年、10周年の年ということで、古い曲から新しい曲まで、たくさん歌ってくれました。
セットリストは、この順番で間違いないと思います。 今回かなり自信あり。

1悲しみのぬけがら
2雷鳴
3ファミリーレストラン
4ブルー
5シロイケムリ
6KEEP ON(新曲)
7ダウンジャケット(新曲)
8光(新曲)
9LAST TRAIN
10ハミングデイ
11BREAK DOWN(新曲)
12手のなるほうへ
13ヘアーカッター
14明日なんて分からない
15スイマー
16サフランの花火
en.
17ブラブラブ
18あたたかい季節

「ブルー」「シロイケムリ」なんてすごく嬉しかったなぁ。
「ブルー」は広沢くんを好きになるきっかけになった曲。
生で聴くのは本当に久しぶりだったけど、やっぱりこの曲大好きだと思った。
「シロイケムリ」ではギターを持ち替えて。
弦が4本のギター? 4本しかつけてないギター?
高い方の2弦がないので、低音がすごく響いてムードがあって、なんか素敵だなぁと思いながらギターの音に聴き入ってました。
この曲のときにはいつもこのギターを使うのかな? 
「悲しみのぬけがら」「手のなるほうへ」にしてもそうだけど、広沢くんの昔のアルバム「喜びの歌」や「理想郷」に感じられる、孤独感とか悲しみ、やるせなさ、ちょっとねじれた感じ、それが私は好きです。
なんか心に沁み入るものがあるんだよね・・。決してメッセージ性の強い曲ではないんだけど。

広沢くんが「光」を歌うときに話してくれたこと。
震災があって、自分も何かしたいと思って、いろいろ考えて何枚も書いた歌詞を捨てたけど、結局自分に出来るのは背中を押すというより、同じ景色を見ることで寄り添うことだと思った、と。
そうだよな。 広沢くんの曲はそうだよな、と思った。
ああしよう、こうしよう、頑張ろう、って言わない。
そういう力強さはないけど、弱い部分を共有することで、ひとりじゃないって感じたり安心できたりするんだよね。私はね。
そんなところが、広沢くんの歌を好きになった理由かな、って思った。

「光」以外に新曲は3曲歌ってくれました。
こんなに新曲できてるんだ!?ってびっくりしたの。
だって、「雷鳴」が発売されてから、まだ1年経っていないでしょ?
その、どれもが違った感じなんだけど、いい曲で。
「ダウンジャケット」と「BREAK DOWN」ではストンプパッドという楽器を踏みながら。
リズムが加わると音に厚みが出ていいよね。
ギター弾きながら足ではリズムを踏んで、とても器用だな〜と思った。
「ダウンジャケット」はほのぼの系で、「BREAK DOWN」はかっこいい感じ。

そして、今どんどん曲が出来ている、って話してくれました。
東京に帰ったら、アルバムの制作に入ろうと思ってる、夏の終わり〜秋?にはお届けできるかも、って。
そうしたら、またツアーやって、歌いに来ようと思ってる、って。
とってもやる気にあふれた言葉、嬉しかったな。
それ以外でも、7月27日にイベントがあって、またこのROOMSに歌いに来るって。
そんなちょくちょく来てくれるなんてー。(〃∇〃)
感激して顔が思いっきり輝いてしまったよ、私。笑
好きなアーティストさんには、遠征しないと逢えないから、頑張って行かなきゃ!っていつも思うんだけど、向こうから来てもらえるというのは、なんかいいね。
ホッとするっていうか、力抜いてられるっていうか。 やっぱり嬉しいよ。
こんな遠くまではるばる、歌を届けに来てくれてありがとう。

そうそう、途中こんな話もしてた。
前日に福岡のラジオ3つも出させてもらって、ROOMSは初めての行くのですごく楽しみ、って話をどこででもしたのに、じつは2年前に来てた、って。
今日入ってきてみたら、なんか見覚えあるな〜って。
2年前に来てるのに、もう忘れるなんて、、、最近物忘れがひどくてやばい、って。
けどね、広沢くんがROOMSに来たのは、たぶん3年前の2008年。
私は山口の方に参加したから、福岡は行かなかったのよね。
3年前でも、普通は覚えているよね?笑  広沢くん、ほんとに大丈夫かしら?(^▽^;)

「LAST TRAIN」はやっぱり心に沁みたなぁ。。。
ピアノ弾き語りの「ハミングデイ」もすごくよかった。
広沢くんって人は、決して私の好みの顔ではないんだけど(失礼!)、ピアノ弾いてる姿には、なんかキュンとさせられるのよね。
ほっそい体で、少しだけ背を丸めて、グランドピアノ弾いてる姿・・。
それも、「ハミングデイ」だからなおさら。
すごくせつなくて、キュンとさせられる曲。 好きだなぁ。

「手のなるほうへ」「ヘアーカッター」では、ギターのかっこよさに惚れ惚れ。
すごいなぁと思った。 あんなにかっこよかったっけ?
そういえば前回のライブでは、かっちゃんに注目しすぎて広沢くんのギター演奏をあんまり見ていなかったかも?笑
たった一人で演奏して歌っているのに、それを感じさせないくらい堂々として迫力ある演奏。素晴らしかったです。
「ヘアーカッター」「明日なんてわからない」「スイマー」では、会場のみんなも一緒に歌って楽しかった。
「スイマー」なんて歌詞を私たちに丸投げされてしまい、どうなることかと、、。
でも、結構みんな歌えていたのよね。
広沢くんも、感心してた。 無茶振りかと思ったけど、意外といけたね、って。笑
みんな、「雷鳴」聴いてくれてるんだ・・って、嬉しそうだった。

本編最後は、「サフランの花火」。
久しぶりに聴いたけど、やっぱりすごくいい曲だよね。
アンコール、まずは「ブラブラブ」。
いいね、この曲は、何も考えなくてよくて。笑  ただ単に楽しいよね。
早くブラジャーのCMに使ってほしい、って言ってました。ワコールとは言わないけど、って。笑
そして最後はツアータイトルにもなってる「あたたかい季節」。
沁みました・・。 本当によいライブでした。

終演後は、CDやグッズを買った人へのサイン会。
私は今回はサインもお話もせずに、すぐに帰ったけどね。
次女と一緒に食事する約束をしていたの。
それに、CDは全部持っているし、グッズも特に買わなかったから。
エッセイ本とブックカバー、広沢くんもオススメしてたし(GWに実家のお母さんにあげてはどうかと。笑)買いたい気持ちはあったのだけど、今の私は節約中なので(募金はするけど)グッズへの出費は控えたかったです。
売り上げに貢献できなくて申し訳ない。。。
グッズを買うより、1回でも多く遠征したいんだよね。今の私は。o(- -;*)ゞ

でも7月、また来てくれるというので楽しみです。
どんなイベントなんだろうなぁ。 詳細はまだ言うと怒られるそうなので・・。笑
音楽って本当にいいね。
広沢くん、素敵なライブを本当にありがとうございました。 (^人^)感謝♪です。



* comments(0) * - * 広沢タダシ * 23:56 *
*広沢タダシ LIVE TOUR 2010 「雷鳴」 @ 福岡 照和*
ライブのことを書こうと思って、朝からPC開いていたのに、他のことばっかりしちゃってます。
全然書けてない。笑
今日中にUPできればいいかな、と思って、ぼちぼち書いていきます。 

広沢くんのツアーは今日の大阪でラストだけど、弾き語りの方は昨日の京都で終了してるから、もうネタバレを気にする必要もないかな。
ずらーーっと書きますね。 たぶん長くなるけど。
MCや曲の感想は、広島と重なる部分もあるけど、全部まとめて書いていきます。

前にも書いたけど、「照和」ってライブ喫茶は、福岡ではたくさんのミュージシャンを輩出してきた音楽の聖地として有名な場所。
天神のど真ん中にあるので、その前はたびたび通っても、中に入ったことはなくて。
今回、広沢くんのおかげで実現しました。 しかも大好きなかっちゃんを連れてきてくれるし。
広沢くん、最高です。笑



正面に長渕剛さんのポスターが貼ってあります。笑
階段を下りていくと、中には60脚ぐらい、椅子が並べられてありました。
私はかっちゃん側2列目の席をゲット。 お友達と3人で座りました。
ゆずが大好きだけど、広沢くんの曲を聴いて「いい!」って言ってくれたゆののさんと、風味堂のファンのたいようさん(2人はもちろん初対面)という、ちょっと珍しい組み合わせ。
広沢くんのライブをどう感じてくれるかな?と、ちょっとドキドキの私。笑
席は、前にちょうど椅子がないために、1列目みたいでとてもいい位置です。
お客さんは立ち見の方も入れて、全部で80人ぐらいだったかな。満員でした。

スタッフの方に聞いたら、ライブ中でなければ撮影OKということだったので、ステージの様子を撮影。
今回使っていませんが、後ろに「照和」と書かれたドラム、左端に写っていませんがピアノがあります。
後ろの壁には、アーティストの方のサインがいっぱい。
よく見えないと思いますが、右上はレミオロメンの3人ですね。笑
ステージは段差がほとんどないので、もう本当に目の前、という感じで。 ドキドキせずにはいられません。



ライブはまず、森恵さんから。
広島と同じ3曲「陽はまた昇り」「そばに」「キミ」を歌ってくれましたが、やっぱり素敵でしたー。
本当に、声が素晴らしく、どこまでも伸びていって。 
変に甘さがなく、素直に伸びやかで、聴いていてとても気持ちいい歌声をされてます。
広島出身で、メジャーデビューされたばかり、ということですが、歌声は貫禄すら感じさせます。
2回も聴けて嬉しかった〜。 また福岡に来てくれたら聴きに行きたいです。

「陽はまた昇り」で、広沢くんがバンジョーを弾いているのですが、それが重くて重くて、広沢くんの足にすごい負担をかけてしまったらしく、太もも〜膝の部分の感覚がなくなってしまったのだとか。
そりゃあの細い足ですもん。重い楽器を受け止めるのはしんどかったんでしょう。笑
なので、少しずつ回復していってる様子を確認しながらツアー回ってる、なんて話をされてました。

3曲あっという間に終わって、広沢くんとかっちゃんの登場。
もう、この2人が並んで歩いてくるだけで、心がキャイキャイいってしまうんですけど。(←ミーハー)
嬉しくってたまらなかったです。 広島も、福岡も。

1:心の宇宙

この曲、始まり方が素敵。 物語の始まりを感じさせるようで。
アコギとカホンの音とリズムが本当に心地よくて、一瞬で幸せに包まれてしまいました。
広沢くんの歌声は相変わらず伸びやかで素敵だし、それに重なるかっちゃんの歌声が広沢くんの声に本当によく合っていて。
好きなアーティストさん同士のセッションって、本当に嬉しいものなんですよね。
ずーーっと、「嬉しい」がモロに顔に出ていたと思います、私。笑

2:フィッシュマン
3:ヘアーカッター

引き続き新しいアルバムから。
広島で初聴きも楽しかったけど、今回はしっかりCDを聴き込んでから行ったので、少し口パクで歌えたりなんかして。
「フィッシュマン」は海をゆったりと泳ぐような気持ちよさがある曲。
「ヘアーカッター」は演奏がかっこいいー。 
もう、2人ともなんてカッコいいんだ!キャー♪ってなっちゃいます。
歌詞がちょっと、怖いんだけどね。 
君が首を横に振ると 長い髪が僕の首を切り裂く・・って。。。
NOと言われるのを恐れる男の心理? そんな恋愛してきたのかしらん。笑

途中MCで、広沢くんが森恵さんのさっきの話に触れ、足の感覚がないからと、脳神経外科に行ったこと、悪い病気だったらと心配して脳のCTまで取ったこと、けどどこも悪くなくて単にバンジョーのせいだったこと、など話してくれました。
広沢くん、心配し過ぎだから。笑

3曲終わってかっちゃん退場。 

4:ファミリーレストラン

福岡ではファミレスは流行ってますか?と。
広沢くんはファミレスが大好きらしく、よく行くんだけど、いつもメニューを選ぶのに悩んでしまうんだって。
和洋中、いろいろあって、どれも食べたくて。
で、先にウエイトレスさんを呼んで、頼まなきゃいけない状況に自分を追い込んで、頼むんだって。
広沢くん、かわい過ぎます。笑  この曲は、そんな曲らしい。
ほんとにかわいくて、ちょっと「みんなのうた」チックなほのぼのした曲。 好きです、こういうの。

5:Smile again

がらっと感じを変えて。 2つ前のアルバム「869本目のアーチ」から。
広沢くんは、こういうちょっとハードな曲も出来るところが好きだな〜。
ギターを弾く指に、おもわず見入っちゃいました。 すごいテクでカッコいいー。

6:夕焼け
7:メガネ

「夕焼け」で、僕らはもう帰らなくちゃ・・の「ちゃ」で力を抜いて歌うところが、なんとも言えず好き〜。
広沢くんがたまに語尾の力を抜きながら歌うの、ツボなのよね。
広沢くんは中学のときに急に目が悪くなったらしく、メガネを初めてかけたときには、視界の良さに感動。同時に、もう戻れない・・という思いになったって。
そんな話を交えながら歌ってくれるのが、とても嬉しいです。 
もちろん、後ろ向いてごそごそとメガネをかけてから。

8:LAST TRAIN

真夜中にふと、どこかに行きたくなること、ないですか?と。
ないよね?・・と。
広沢くんは、あるらしい。笑 あてもなく、どこかへ行きたくなること。
この曲はそんな気持ちを歌ったそう。
私、広島ではこの曲のメロディーと歌声にやられて涙していたので、どんな歌詞だかまだ把握してなかったんです。
なので、福岡では歌詞をしっかり聴いていました。
やっぱりこの曲好きだな〜。 なぜかわからないけどジンとくる。
たぶん単純に、メロディーと歌声だと思う。 私には、とても響く歌声なんだ。

ここで、かっちゃんが再び登場。 心の中、「きゃ〜!」ってなる私。
声には出せないんだけどね。
広沢くんライブのお客さんは、わりと大人というか、静かなお客さんが多くてね。(特に福岡は。)
じっくりと、曲や歌声の良さを堪能しよう、っていう素敵なファンの方が多いんだと思う。
私もそれはそうなんだけど、私にはどうしてもミーハーな部分、はしゃいじゃう部分があるから、友達と一緒だと、つい隠せなくてね。
どうだったんだろう? 引かれてないといいな〜って、ちょっと心配。笑

9:手のなるほうへ
10:夢の中で君が泣いてた

やっぱりパーカッションが入ると、なんとなく音が引き締まるし楽しくて仕方ないです。
2年前のツアーでは、ほんとに広沢くん一人だったから。
一人の弾き語りももちろん素敵なんだけど、今回かっちゃんが入ることで、ちょっとだけバンドっぽさを味わえて、すごく楽しかったです。
私が、アップテンポな曲を好き、っていうのもあるかもしれない。
そういう曲だと、やっぱり他の音が入った方が気持ちが上がるもの。
だからいつか、バンドの広沢くんも見てみたい、って思います。 

今回かっちゃんは、左足首には鈴をつけ、右足ではシャラシャラいう楽器(名前知らない・・)を時々鳴らし、両手でカホンを叩いたり、たまにザーっと波みたいな音がする楽器(これも名前知らない・・)を揺らし・・・と、大活躍。
ほんと、見ているだけで楽しかったです。 それにあの笑顔。
私も友達も、風味堂のライブ後はいつも、かっちゃんの笑顔にやられていたので、今回こんな近くで見ることができて、2人でキュンキュンしまくってました。笑
ほんと、少年のまま大人になったような笑顔。 弱いです、そういう人には。笑

11:雷鳴
12:ブルースの神様

アルバムのタイトル曲「雷鳴」。 人の心に落ちる雷、というイメージでつけたのだとか。
本当に今回のアルバム、心に雷落とされました。 
これまで「理想郷」が1番好きだったけど、それに負けないぐらい好きです。
タイトル曲「雷鳴」は、落ちた〜♪のフレーズが頭から離れなくなる感じ。 いい曲です。
そして「ブルースの神様」。 こういう曲が、私はまた激しく好き。笑
かっちゃんはちょっとお休みして、広沢くんだけの弾き語りだったけど、あっという間に終わりました。

13:ブラブラブ

いやん。めっちゃ楽しい。笑
同じフレーズずーっと繰り返してる曲です。 ブラブラしてたらラブになった、って。笑
広沢くん曰く、今回のアルバムの中で1番しょーもない曲。
でもしょーもなくなんかない〜。 歌詞もなんか、わかる気がするし。
演奏だって、じつはカッコいいし。
それにみんなで歌える曲ってやっぱり楽しい。 簡単だから、初めてでもすぐ歌えるしね。
ずーーっとみんなで、ブラブラブ・・・♪って歌って楽しかったです。

ここで、森恵さん再び登場。

14:大切な日はいつも雨
15:スイマー

「大切な〜」は、前奏が鳴っただけでワクワクしてしまうほど好き。
ピアノが入ったのもぜひ聴いてみたいんだけど、パーカッションとギターだけでもすごく楽しい。
3人のコーラスがまた素敵でね。 もう本当に楽しくて、幸せな気持ちになれました。
このアルバムでは、女性にも歌ってもらったりしてるので、その女性の声をライブでどうするか?って考えていたんだって。
最初かっちゃんに女性役を頑張ってもらう(笑)つもりだったけど、森恵さんが入ってくれたからよかった〜って言ってました。
やっぱり女性がいるといいね、って。
「スイマー」も3人のセッションで、すごく素敵でした。 セッションって好きだな〜。

ここで、本編終了。
アンコール。

16:サフランの花火

広沢くんとかっちゃんが登場して、「サフラン〜」。
この曲、ゆず大好きな友達が気に入ってくれてた曲。 歌ってくれてよかったー。
・・・って思ってたら、その友達、隣で涙、涙・・・。
初めて広沢くんのライブに来て、サフランで泣いてくれるなんて。 私とっても感激してしまいました。
広沢くんの生歌、彼女の心にしっかり届いたみたい。 素晴らしかったよ、ほんとに。

17:くちづけ

ライブの盛り上がり曲を広沢くんとかっちゃんの2人で。 
途中、かっちゃんがソロで歌う箇所があって、なぜだかキュンとしてしまう私。
みんなで楽しく手拍子して、終わったらかっちゃん退場。 淋しいけど、ライブも終わりに近づいてます。

18:フレンド

最後は広沢くん一人で「フレンド」。
ライブに来てくれる人を呼ぶとき、「お客さん」っていうのは何か違う気がするって。
もっとぴったりな言葉はないか、、、って考えていたんだけどなかなか浮かばなくて。
そんなときに思いついたのが、この言葉だったんだって。
フレンド。 なんだか素敵。 私たち、フレンドなんだよ。
広沢くんにフレンドって言われたら、なんか嬉しいよね。
この曲、流れるように指で弾くギターがとても素敵。 最後にふっと温かい気持ちになれる曲でした。

「照和」でライブをしたのは初めて、って広沢くんは言ってました。
かっちゃんは風味堂では、昔やったことがあるみたい。
でもこの日、照和はすごく暑くてね。 ちょっとエアコンの調子が悪かったのかな?
最初、私たちのいる辺りには冷風が来ていたんだけど、途中から温風に変わったような気がしてました。
広沢くんも、「暑い」を連発してて。
2人とも、汗びっしょりでした。 気の毒なくらい、暑そうだった。

でも、本当にいいライブをしてくれました。 幸せでたまらなかったの。
広沢くん、かっちゃん、森恵さんの3人に、ありがとうの気持ちでいっぱいです。

ライブ後は、もっと幸せになれました。
もう相当長くなったので、その他のことは閉じますね。

続きを読む >>
* comments(6) * - * 広沢タダシ * 22:58 *
*広沢タダシ LIVE TOUR 2010 「雷鳴」 @ 広島 LIVE CAFE JIVE*
行ってきました。広島。
私にとっては、2年ぶりの広沢くんワンマンでした。 

旅のこといろいろ書きたいけど、まずはライブ! 
本当に素晴らしかったから、早く書きとめておきたくて、昨夜UPする気満々だったのに、体は思うように働いてくれず・・・
今日の昼過ぎまで、ぐったりと寝込んでおりました。
あ、ちゃんと朝の家事を済ませてから、ですよ。笑

広沢くんって人は、そこで歌っているだけで、そのたたずまいだけで、こちらの心に伝わってくるものが本当に半端なく大きい、そんなアーティストさんだと私は思っています。
昨日のライブで、やっぱりそうだった、、、と、大きな感動を受けました。

その真っ直ぐで曇りない視線とか、歌声の力とか、、、うーん、なんだろう。
うまく言えないけど、広沢くんの、自身の音楽に対する真摯な姿勢が、真っ直ぐにストーンと心に入ってきて、このアーティストさんを好きでよかった、、、という思いで胸がいっぱいになる。
いつも、そんな感動をもらっている気がします。

会場は、たぶん椅子を置いて100人ぐらい入れる広さかな? 
広沢くんが広島に来たときは、いつもここでライブをやっているそうで、なかなかいい感じのライブカフェでしたよ。



私は後からチケットを取ったので、番号があんまりよくなかったのと、ギリギリまで近くでスイーツを食べて涼んでいた(笑)というのもあって、入ったときにはほぼ満席。
でも、1人だったのもあって、前の方のあいている席に座れました。
ただ、かっちゃんの位置と逆だったので、かっちゃんの手元足元が全く見えず、どうやって音を出しているのかと気になって仕方なかったです。笑
次回福岡では、早めに行ってかっちゃん側の席をぜひ取りたいものです。笑

オープニングアクトの森恵さんは、ワッツのタクオさんのブログで顔を拝見してましたが、本当に可愛らしく、そして小柄な方で。
小さな体から出るパワフルな歌声、素晴らしかったです。
3曲ほど歌ってくれましたが、どの曲も好きだったな〜。
「よかったです。」って感想を言って帰りたい気持ちにさせられていたのに、私ったらすっかり忘れていて・・・
でも、福岡でも出演してくださるから、よかった〜。 また聴きたいです。

「雷鳴」というアルバムの曲は、ほとんどが初めて聴く曲だったけど、どの曲も素晴らしくて1度聴いて好きになりました。
以下、セットリストを含む感想なので、閉じますね。
MCや細かい感想は、明後日の福岡を終えてから書こうと思います。
なので、ざっと、簡単に書いています。


続きを読む >>
* comments(4) * - * 広沢タダシ * 16:10 *
*嬉しい*
広沢タダシくんが、久しぶりに全国ツアーやってくれる。
約2年ぶり?
すごく嬉しい。
私にとって、広沢くんワンマンは、2008年の6月に、ツアーで山口に来てくれて以来だ。

あのときは整理番号が1番だったけど。笑
今回も1ケタ台。



今回は、福岡のライブ喫茶「照和」にて。
照和は、多くの大物ミュージシャンを輩出していることで、福岡では有名なライブ喫茶。
照和出身のミュージシャンは、井上陽水、チューリップ、甲斐バンド、長渕剛、海援隊など、たくさんいるんだよ。
私も1度は行ってみたいと思いながら、これまでその機会がなかったので・・・。
広沢くん、福岡に来てくれて、照和でライブやってくれて、本当にありがとうね。

なんか本当に嬉しくって。
好きなアーティストさんが地元に来てくれるって、こんなにも嬉しいものなんだね。(私は福岡県民ではないけど、まあお隣ってことで。)
ここ2年間は、関東とか関西中心のライブばっかりで。
遠征しなきゃ逢えないってことに、だんだん慣れてきて。
すごくたくさんのライブをやってる人なのに、ほとんどが行けないものばかり。
熱も、だんだん冷めてきていたけど・・・

今日、福岡に来てくれるって知って、めちゃめちゃ嬉しかった。
今もまだ少し、ドキドキしてる。
8月が本当に楽しみ。

遠征も楽しいけど、やっぱり近くに来てもらえることが、1番嬉しい。

ツアー名は「雷鳴」っていうんだね。
新しいアルバムの曲がたくさんなんだろうな〜。
私がまだ聴いたことない曲ばかりだな〜。
アルバムも、すごく楽しみ。

本当は、広沢くんのバンドライブをまだ見たことがないから、かっこいいバンドライブを見てみたいな〜って思ってたんだけど。
でも、照和での弾き語りが、どんなに素敵か想像すると、それだけで幸せになれる。
本当に楽しみ。
今回は、広沢くんライブは初めての、福岡のお友達と参加。
広沢くんの歌を、気に入ってくれるといいな〜。


私の好きなアーティストさん、みんな福岡に来てほしいな。
みんないつか、照和でライブやってくれたらいいのにな。



* comments(8) * - * 広沢タダシ * 23:45 *
*あたたかい季節*
広沢タダシくんのニューシングル「あたたかい季節」
大阪と横浜でワンマンライブがあって、その会場でのみ発売されるということで、私は行けなかったんだけど、お友達にお願いしていました。
それを、さっそく送っていただきました。

あ〜嬉しいなぁ。 こうやって広沢くんの新しいCDを手にすることができて。
本当にどうもありがとう。 感謝感激です。 



広沢くんの直筆サイン入りです。 私が直接いただいたわけじゃないけど、嬉しい。
これで、広沢くんにサインをいただいたCDは、3枚になりました。

このCD、ライブに行けなくても、欲しい人はたくさんいるんじゃないかな。
とってもいいCDなので、限定なんて言わず、全国のみんなが買えるようにしてほしいな。
そのうち、ツアーでもして、各会場で売ってくれるとかね?
ここ2年ぐらい、ライブやイベントも関東や関西が中心だから・・・
新しいアルバムができたら、ぜひ全国ツアーをやって、福岡や山口にも広沢くんの歌を届けてほしいものです。

「あたたかい季節」
広沢くんのアコギ1本の演奏で始まって、途中からワッツの琢雄さんのピアノが加わる、素敵な曲です。
9月にモンフェスでも歌ってくれたけど、あらためて聴くと本当にいい曲だな〜と思う。
冬の曲だからか、アコースティックだからか、ちょっと「パウダースノウ」を思い出しました。

そして、2曲目の「大切な日はいつも雨」
この曲がまたいいの。
私はどちらかというと、こっちの曲の方が好きかなー。
ちょっとアップテンポで、琢雄さんのピアノが最初から弾けてる。
ピアノがメインで弾けてる曲って、私の1番のツボかも。 琢雄さんのピアノがとにかく素敵。
歌詞も明るくて前向き。 いいな〜この曲。 
いつかライブで聴きたいな。 もちろん、琢雄さんのピアノ付きで。

あ、、、でも、琢雄さん連れてツアーで回るなんて、無理だよね。
琢雄さんには、やっぱりワッツでめいっぱい頑張ってもらわなきゃいけないから。
私は今は、琢雄さんのピアノも含め、ワッツの5人全員のパワーに、かなりやられているんだと思うよ。


それにしても、広沢くんの歌声、相変わらずいいよなぁ。
寒い季節に心があったかくなるような、柔らかでよく通る、いい歌声だったよ。

そして、これ。 ハルカレ。



CDに封入されている、広沢くんの愛犬ハルちゃんのカレンダー。
写真も全部、広沢くんが撮ったもの。
こういうのが入っているから、どうしても手に入れたくなってしまうよね。
どの写真も本当にかわいくて。
広沢くんのハルちゃんへの優しい目線が感じられて、見ているだけで和みます。

中でも私が1番気に入ったのは、このハルちゃんの表情。



もう、めーっちゃかわいい
たまりませんね、この瞳。(なんとなく広沢くんに似てるよね?)
2月は私のお誕生月なので、なんか嬉しいな。
これから毎日ハルちゃんを見ながら、次にライブに行けるのはいつ??と、その日を楽しみに待とうと思います。
* comments(12) * - * 広沢タダシ * 21:57 *
*Atomic Monster Festival vol.4 in 大阪梅田シャングリラ (追記あり)*
今年もまた、広沢タダシくん主催のフェス、モンフェスに行ってきました。
去年行ってすごく楽しかったものの、今年はやめておこうか・・って思っていたんだけどね。
どちらかというと、広沢くんはワンマンを狙って行きたかったので。
山口から大阪までなんて、そうちょくちょくは行けないでしょう?(結構行っている方だけど。笑)

でもねぇ、やっぱり、ワッツさんも来るとなると、行かないわけにもいかないでしょう。
しかも、同じシャングリラで、次の日はワッツさんのライブのゲストに広沢くんが来る、ってなると。
いったいどんなことになるのか?ってね。

行ってよかった! 心からそう思う。
どっちにするか・・って迷ったときは、行った方がいいよね。
諦めたり我慢するより、私は「行く」を選ぶ。 我儘に生きるよ。
その分、普段から家族サービスや節約をしておけば、後悔することはないから。

ワッツさんの参加を知ってからチケットを取ったので、ギリギリだったようで、チケの番号は266番。
私の後にもまだ少しだけ人がいたので、全部で300人ぐらいだったかな。
シャングリラの後ろの方までギュウギュウ詰めで、ちょっと苦しかった。
で、ふと前の方に目をやると、段になってる下の方に、空間ができてるじゃない?
みんな、段の上からの方が見やすいから、下には降りずにいたみたい。
私は、少しでもステージに近づきたい人なので、下に降りていきました。
結果、5列目ぐらいで、ステージまでの距離、約2メートル。
人の頭が邪魔になることもなく、広々としてて体もおもいっきり動かせたし、よかったよ〜。
私は、アーティストさんの顔の表情も、汗も、指の動きも、しっかりと見える位置が好き。
最前列はちょっと、背の低い私には、首が痛くなるので避けたいけどね。

ライブに入るまでが長すぎたかな。(笑)
2日続けてのライブだったので、1日目のモンフェスの方は、記憶が少し薄れてるけど、覚えていることだけ書くね。

森 恵(オープニングアクト)
広沢くんが歌声に惚れ込んだ、って言ってただけあって、とても素敵な声の持ち主。
ハスキーなようでいて、澄んだ綺麗な声で、ギター1本でバラードを何曲か歌っていたけど、歌唱力もあって、よかったです。

Unlimited tone
男性ボーカル3人組。 この人たち、よかった〜。
3人ともいい声してて、ハーモニーがとっても綺麗で素晴らしかったです。
広沢くんの「秋風」をアンリミさんとのセッションで聴けたのは、本当によかった!
素敵な「秋風」だったなぁ。。。
アンリミの3人は、広沢くんのことが大好きなのだそうです。なんか、いっぱい喋ってました、アンリミさん。(笑)
で、広沢くんにギターで参加してもらってアルバムにも入っている「悲しみのひとつを」って曲を、広沢くんとセッション。
その後にアカペラで歌っていた、ちょっとアップテンポな曲もよかったな〜。
みんなで手拍子して、会場が一気に楽しい雰囲気になりました。

花*花
お久しぶりの花*花。
いつから活動再開してたの?ってぐらい、ずっと見てなかった気がするんだけど。
広沢くんとは、古くからのお付き合いらしく、関西人のノリで、仲良くお喋り。
広沢くんと1曲後、花*花だけで懐かしい「さよなら大好きな人」。
舞台袖で見ていた広沢くん、「沁みました」って言っていたけど、ほんと、久々に聴いたけど、やっぱりいい曲だわぁ。。。私も沁みました。
それから「愛を少し語ろう」。
花*花の2人は、見た目も声のタイプも違うと思うんだけど、個性がいい具合に混ざり合ってる感じで、聴いててとっても心地よかったです。

そうそう、間で広沢くん、自分も歌います・・って言って、1人でギター弾いて歌っていたりもしたんだけど。
あれ? 何歌っていたかな?
なんか、、、自信ない。(笑)
他の方々との共演が、あまりに濃すぎたので、ちょっと広沢くん、目立っていなかったかも。(失礼。)
あ、そうだ。新曲で「あたたかい季節」だったかな?
広沢くんは、寝冷えをすることが何よりも怖いらしく、これからの季節、Tシャツをインにして寝るらしく・・・なんかその話で、会場ものすごく和んでました。
広沢くんって、、、やっぱり可愛いよねぇ。(笑)

東京60WATTS
その、広沢くんが1人で歌うときに、ワッツの琢雄さんが呼ばれて登場。
キャ〜キャ〜♪ かっこいー!!! テンション上がる私。
「なんか、大阪じゃない感じが、ホッとしますね」と広沢くん。
琢雄さん、そのいつも落ち着いた雰囲気が素敵です。

広沢くんと琢雄さんのセッションで1曲後、今度はたけしくんが呼ばれて登場!
たけしくん、このときちょっと疲れてる風に見えたので(テンション低め)、日記にも寝てないようなこと書いてたしなー、忙しそうだったし、悩んでそうだったし、、、と心配に。
でも歌い始めたら、とってもよく声が出ていたし、笑顔の元気なたけしくんで、なんか安心してしまいました。
たけしくんと広沢くんの共作(作詞:たけしくん、作曲:広沢くん)で、「ビール&コーラ」という曲を披露。
こういうことやってくれるから、嬉しいよね〜。
やっぱりモンフェス、来てよかった!って思います。
この曲がね、めちゃめちゃよかったの。
ビールが好きなたけしくんが、「俺はビール〜♪」って歌ったら、お酒が飲めない広沢くんが、「僕はコーラ〜♪」って歌うの。
そのかけ合いが楽しくて、ほのぼのしてて、もう本当に素敵だった!
大好きなアーティストさん同士が、そんな風にして一緒に楽しく歌っている姿を見れるなんて、幸せだよね〜。
この曲、また聴いてみたいんだけど、、、CD化はないのかな?
何かに入れてほしいなぁ。。。

そして、いよいよワッツのメンバー全員登場!・・・と思ったら、なんか様子が違うぞ?
ステージが暗転し、しばらく間があって、、、ここで、シークレットゲスト登場!
「ヒロシです。」のヒロシでした。(笑)
もう、かなりびっくりした〜〜。まさか、芸人さんまで来ているとは。
広沢くんって、どこまで顔が広いんだ?
生ヒロシに、会場大爆笑。 面白かった〜〜。

この後、ワッツのメンバー全員登場。
「昇天」はやっぱりかっこいいー!
これまでの方々がアコースティックな感じだったので、ワッツのバンドの音が、めっちゃかっこよく聴こえて、ぶわ〜〜って気持ち、盛り上がってしまいました。
やっぱりいいねぇ〜。バンドっていいね。
たけしくんはいつものように、ステージ上で跳ねてるし、それを見ているだけで、ものすごく嬉しくてね。
なんでこんなに嬉しいんだろう?って。
ワッツさんは私をハッピーにしてくれるバンドだな〜って、心からそう感じました。
その後、広沢くんも一緒に、「外は寒いから」。
この曲もよかった〜。 
けど、この曲に、広沢くんの声が入ると、なんかとっても不思議な感じがしたよ。
いつもすごく聴き込んでいる曲だからかな?
でも、とっても楽しかった!
たけしくん、ヒロシを真似て、「たけしです。」ネタをちょっと、やっていたりしたよ。
どんな内容だったか、ちょっと忘れてしまったけど。(笑)

ここで、たけしくんだけ袖に引っ込んで、ワッツバンドと広沢くんが残ります。
たけしくん、寂しいんじゃないかな?って、またちょっと心配。(笑)

GAKU-MC
GAKU-MCさんは、すごい盛り上げ上手!
GAKUさんの登場で、会場の気温はぐーんと上がったんじゃないかな。
ラップなんて、普段は聴かないけど、こうやってライブで聴くととっても楽しい。
すごく盛り上がって、熱いライブ〜。
私も、腕を上げまくって疲れてしまいました。(笑)
広沢くんのライブでは、ちょっと味わえない感じかな?
面白いよね。 芸人さんあり、ラップあり、アカペラあり、バンドのグルーブありで、ジャンルにとらわれないライブ?
いろいろあっても、みんな音楽が好きで1つになってて。 素敵だな〜って思いました。

ワッツバンドは、そのままずっと、GAKUさんの曲を演奏してて。
すごいな〜って、感動したよ。
どんなに練習したんだろう。 普段はやらない曲を、大変だっただろうに。
でも、本当にすごくかっこよくて、バンドとしての東京60WATTSに、ますます惚れ込んでしまいました。

けど、GAKU-MCさんのライブは、私的には、長く続くと疲れる感じかな?
主張が強い感じがするからなぁ。
なんか、盛り上がれ!盛り上がれ!って言われてるようで。(笑)
ちょうど適当なところで、疲れる一歩手前で終わってくれて、私にとってはよかったかも。(なんか、すみません。失礼なこと書いてるかも。)

アンコールは、花*花の「あ〜よかった」を、広沢くん、ワッツさん、花*花、アンリミで。
ステージに、ずらりとみんなが並ぶのって、見ていてとっても嬉しくなるよね。
1つのマイクで2人とか3人が歌っていたりして、とっても仲がよさげで、羨ましくもあり、楽しくもあり。
たけしくんは、楽器がない分、コーラスがないときは腕組みをして、ちょっと手持ちぶさた?(笑)
その後、GAKUさんと森恵さん、ヒロシも加わって、GAKUさんがミスチル桜井くんと一緒に作ったという曲を全員で。
最後は、応援に駆け付けたワライナキの白井くんも加わって、「サフランの花火」。
ワライナキ白井くんのハープ、素敵だったな。

本当に、とっても楽しいフェスでした。
広沢くんのあたたかい人柄と、出演者の方々との穏やかで楽しい関係が、見ているこっちまでハッピーな気持ちにさせてくれる。
また来年も参加したいな〜。

ただやっぱり、モンフェスでは広沢くんはホスト役だからね、広沢くんの曲をたっぷりと聴くことはできないよね。
それは分かっていたから、いいんだけど。
次の日、ワッツさんのライブで、広沢くんの曲を聴くことができたから、そのことも嬉しくて大満足だったの。
だから昨日、何倍も楽しかった!なんて書いてしまったけど、さすがにそれは大げさだったかな・・って思ったので、「もっと楽しかった」に書き替えました。(笑)
どちらの日のライブも、素敵でした。

なんか、、、記事が長っ。(笑)
こんなハズじゃなかったのにな。
記憶が薄れてる・・・なんて言いながら、書いているといろいろ思い出してきたりして。
さ、これからお風呂に入って、ワッツさんの方も一気に書いてしまおうかな。
寝なければ・・・ですが。(笑)

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

追記

1番悩んでいた箇所が、やっぱり間違えていたようなので、書き替えています。
悩んでいたのは、たけしくんとヒロシの登場の順番。(笑)
たけしくんがヒロシネタをやっていた関係から、ヒロシ→たけし だったのかな?でもなんか違うような・・・と、めっちゃ悩んでいたのですが、やっぱりそこは、たけし→ヒロシ だったみたい。(笑)
うん、こっちのがしっくりきました。
まだ他にも何か間違いがあるかも?
まあ、だいたいこんな感じ・・ってことで、許してください。

* comments(2) * - * 広沢タダシ * 21:48 *
*「ブルー」「スーパースター」*
今日届いた広沢くんのCD、 「ブルー」「スーパースター」
初期のころのシングルです。



「ブルー」は、カップリングの「レモンとオレンジ」と共に、アルバム「理想郷」に入っているので、買わなくても聴けるのですが。
でもやっぱり欲しかった!
広沢くんの曲で、最初に心を持ってかれたのが、「ブルー」だったんだよね。
何度聴いても、この曲には胸の奥をキュンとせつなくさせられるものがある。
とっても大好きな曲です。

この音源は、ライブのもののようだけど?
ピアノとギターだけのシンプルなアレンジ、とっても素敵です。
ぜひ聴いてみてくださいね。

広沢タダシ 「ブルー」


いいねぇ〜。ほんとに。
この曲は、PVもすごくいいのよね。
前に何度かここにも貼ったけど、今は見れなくなったみたい。 残念〜。

「スーパースター」はアップテンポでかっこいい曲。
家で聴きながら本気で踊ってしまい、汗をかいてしまったよ。
山口にライブに来てくれたときも歌ってくれたんだけど、カフェでのライブでお客さんも少なくて。
1番前の席でひとり立ち上がる勇気もなくて(笑)、座ったままノリノリになってたけど、あのとき本当は立って踊りたかったんだ。
次はぜひ、オールスタンディングな会場で聴いてみたいものです。

カップリングの「愛をさがす旅」はめっちゃカッコイイ!
イントロのギター演奏からかっこいい。 広沢くん弾いてるの?
「ブルー」のようなバラードの広沢くんもいいけど、こういう曲を歌ってくれるから、広沢くんって好きです。
感じるままに〜♪ と裏声になるところなんて、すごいセクシー。
こういう曲を聴くと、バンドスタイルの広沢くんライブを観てみたくなります。
大阪でバンドのワンマンやってくれたら、飛んでいくのにな。

「2つの願い」は、家で聴いていたら、三女が「この曲いいねぇ〜」と言ってくれたよ。
私も大好きな曲です。
YouTubeにあったので、貼っておきます。
他のも聴いてほしいけど、見当たらなかったので、、、今回はこの2曲だけ貼っておきます。

広沢タダシ 「2つの願い」



・・・と、熱い記事(前記事)を書いたあとは、広沢くんの曲を聴いてクールダウンしてみました。(笑)
音楽はいいね。
高校生のころも、今も、変わらずいつもそばにあって、家族と同じように、この世で1番大事な存在かもしれないよ。
音楽っていいねー。

明日はワッツさんのことを書くよ。


* comments(8) * - * 広沢タダシ * 23:46 *
*「Slow」*
愚痴とか悪口とか書いてしまったときって・・・次の日になると、なんか悪いことをしたような気持ちになってしまう。(笑)
子供のころ、男子に意地悪されたとき、先生やその子のお母さんに言いつけに行って、あとでその子が叱られているのを見たとき、可哀そうなことをしたような気持ちになってしまった・・・なんかそんな気持ちに似ている。
嫌な子でも、叱られたらやっぱりちょっと可哀そう。(笑)

私自身のモヤモヤは、人に話したりここに書いたりすることで、半分は浄化されてしまうので、今日は疲れていても、昨日より気分はスッキリしています。絵文字
そんな私の愚痴に付き合って読んでいただいた方、一緒に怒っていただいた方、本当にどうもありがとう。
感謝、感謝です。

体力的にキツいのもあるけど、やり方とか方針に納得いかないまま働いているのって、すごくストレスが溜まるので、「自分はこう思っている」ということは伝えてみようと思います。
どんな場面でも、「気持ちを伝える」ことってすごく大事だと思うので。
昔は恥ずかしかったり遠慮があったりでなかなかできなかったけど、今ならできるかな、と。
学生さん相手のこの仕事が好きなので、頑張りますね。ピース

ところで、タイトルの「Slow」広沢タダシくんの曲です。

 空をこんなに見上げるのは あなたをさがしてるから
 流れる雲はボンヤリ 風に吹かれてた
 少し休んでいこう

 手にしたら I love you I need you とても儚く
 永遠の I love you I need you もっとSlowに もっと大切に
 毎日を愛せたなら


今日聴いていたら、とっても穏やかな気持ちになれました。
押尾コータローさんとのコラボレーションシングル「Baby,it's time」に入っている曲で、押尾さんがギターを弾いています。
よかったら聴いてみてくださいね。

広沢タダシ 「Slow」


ついでにもう1曲。
広沢くんの曲の中でも、聴いた瞬間「おおっ!」って思った大好きな曲。
「キスの速さで」
スローな曲もいいけれど、こういうアップテンポな曲がまた、私は大好きなので。
この曲を歌う広沢くんの声、ゾクゾクするくらい素敵なんです。らぶ
嬉しいことに、こうやって広沢くんの曲を何曲もYouTubeにUPしてくれてる方がいらっしゃるので、またちょくちょく勝手に紹介していきますね。(笑)

広沢タダシ 「キスの速さで」


本当に、音楽に助けられているなぁ〜と思います。ありがとう
最近は、WATTSさんの曲にワクワクさせられたり、ネモトラを聴いて「うおお!」ってしびれたり、広沢くんの曲にこうやって癒されたりしています。
この世に音楽がなかったら、私はもっともっとどす黒い嫌な人間になっていたんじゃないかな。
素敵な音楽をいっぱい届けてくれる、アーティストさんにあらためて感謝!



* comments(6) * - * 広沢タダシ * 23:24 *
| 1/2PAGES | >>