<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 入間の借家で犬と暮らしてる | main | 明けましておめでとうございます >>
*スポンサーサイト*

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * - * *
*馬場俊英 LIVE TOUR 2011 ~平凡なヒーローたちによろしく〜 @ ZEPP FUKUOKA*
12月17日、馬場さんの福岡でのライブに行ってきました。
馬場さんの曲は、時々すごく聴きたくなるのだけど、今は他にもっと大好きなものがあるために、なかなか馬場モード続かず、という感じで。
この日も、普段はできないワッツ話ができるお友達が、遠くから2人来てくれてたのもあって、ライブ前にワッツネタで盛り上がってしまい(っていうか、私かなりヘンな話してしまった気が・・。(^∇^;))、そのため自分が興奮して馬場モードになれないままライブが始まるという・・。
なにをやってんだ、って感じですね、全く。笑
ライブを観ながら、お友達2人も、私のせいで馬場モードになれてなかったらどうしよう、って考えてました。

この日の席は、いつも馬場チケ運のいい熊本のお友達のおかげで、なんと最前列。
サックスの方の目の前あたりでした。
こんな素晴らしい席で、心は他へいってたなんて、他のファンの方に怒られるよね。
書いちゃったけど・・。(^∇^;)
でも、数曲目ですぐに馬場モードになれましたよ。
馬場さんが素晴らしかったから。\(^o^)/

でも、こんな私のレポなので、馬場ヘッズの方はあまり期待せず読んでくださいね。(^∇^;)
以下、ネタバレなので隠します。




この日の馬場さん、ステージに出てきたときから、なんだかとっても若々しい!
黒系のシャツの上にベストを重ね着、タイトなパンツをブーツインしててカッコいいの。
私の隣の馬場さんに近い方側、tとiさんは「ひゃ〜〜!!!(≧▽≦)ノ」って感じで盛り上がってました。笑

1:ひとつだけ

最初、何の曲かな?って思ったの。
アップテンポな感じで、CDとはかなりアレンジが違ってたから。
この曲、こんな風にもなるんだね〜!って、すごく新鮮な感じ。
馬場さんもピョンピョン跳ねながら、すごく楽しそうに歌ってるし。
好きだなー。こういう感じ。
おもわず一緒に跳ねる真似をした。(まだ、真似だけね。心は他へいってたから。笑)

2:多摩川土手〜君へのメッセージ
3:スニーカードリーマー
4:そこから始まる愛がある
5:花火
6:君はレースの途中のランナー

なんだかね、この日のアレンジ、どれも元気な感じでね。私好みだった。
「多摩川〜」でも、馬場さん跳ねてた気がするんだけど・・。
元気だな〜。若いな〜って思ってね。
同年代としてはほんとに嬉しくて、負けてられないぞ!って気持ちになった。
「多摩川〜」の途中、笑ってみればいい〜♪のところで、ほんとに「アッハハハ〜!!」って笑い声を入れたりするから、可笑しくてね。
な、なんか、今日の馬場さん、弾けてる!?(^∇^;) って思いながら、こちらも少しずつ馬場さんペースに。

「花火」もなんだかアレンジがガラッと違ってたなぁ。
バンドの演奏のせいか、やっぱりちょっと元気のいい感じの「花火」。
この辺りまで、心ここにあらずな感じが続いてたもので(^∇^;)、もう1回この「花火」は聴きたい感じ。
「君はレース〜」まで、一気に6曲歌って、今回はいつもよりMC少なめな感じだった。

ここから、バンドメンバーが下がって、アコースティックなステージへ。
みんな、椅子に着席する。

7:ミセス・ユー
8:君がくれた未来
9:スタートライン〜新しい風

この日の「スタートライン」はすごく好きだったな〜。
馬場さんのライブでは毎回聴いているけど、私が今まで聴いた中では、1番好きだったかも。
しんみりと静かに歌う「スタートライン」より、少し軽いリズムで明るく歌う「スタートライン」の方が、私にはぐっとくる。
サックスの響きがとても心地よかったな〜。
君のそばに〜♪のところ、何度も何度も繰り返し歌うところも、すごくよかった。
この「スタートライン」で心もってかれて、完全に馬場モードに突入した私。

MCはどこでだったかな? よく覚えてないんだけど。
福岡空港でオヘソ出したファッションの女の人に出会って、がんばってるなーって思ったこと。
福岡は雪が降って寒いって聞いてきたから、馬場さんは少し厚着しすぎた、ってこと。
それから、、、
盆栽の話?笑
盆栽は切れても、人の髪は切るな、って言われたらしい。(誰に言われたんだっけ?)
盆栽を綺麗にハサミで切れるからって、人の髪も切れると思っちゃいけない。
人には心があるんだから。
心あるものは、そう簡単に扱っちゃいけない。
・・・そういう、いいお話でした。いきなり盆栽なんてびっくりしたけど。笑

あとは、、、福岡のライブが終わったら、すぐに広島に行くから、福岡に居るのはこの会場と駅の時間だけだから、大事によい時間を過ごしましょう、みたいな話。
そしてここから、新曲ばかりという、大胆な試み(笑)が始まる。
スクリーンには、歌詞が映し出される。

10:ギザ10
11:HALF
12:幸せのウェイティングリスト
13:わるもの
14:平凡
15:オオカミの歌〜平凡なヒーローたちによろしく
16:弱い虫

「ギザ10」は、馬場さんらしいな〜と思った曲。
私が好きだったのは、「HALF」と「幸せのウェイティングリスト」。
「HALF」は今までにない感じで、早口で歌う曲なんだけど、楽しくてカッコいいの。
こういうの好きだなー。新鮮でよかった!
こういう、今までにないような曲を、どんどん歌ってほしいな〜って思う。

「幸せの〜」の前には、ちょっとした小芝居があって。
ウエイトレスの女の子が出てきて、「スターババックスコーヒーへようこそ。何名様ですか?」って。
馬場さん、「ん〜〜と、600名ほどなんですけど。」
ウエイトレス、「こちらにお名前をお書きになってお待ちください。」
馬場さん、ウェイティングリストに名前を書くふりをして、曲が始まる。
この曲がまた素敵でね。
大好きだったな〜。すごくハッピーな曲なの。
最後、シャンパンの泡の代わりにシャボン玉を吹く馬場さん。
1回目失敗して、2回目でシャボン玉がふわふわと・・。
こういうのも、泡の色まで、最前列だとしっかり見えるからうれしい。
なんだか楽しい。今回のライブ。
最後、締めるときに、ごっくんのギターでいい感じに締めて終わっちゃって。
馬場さんが「僕が締めようと思ってたのにー!」ってごっくんに言ってたのも面白かった。

「わるもの」では、それまでのハッピーな雰囲気から一変。
スクリーンには、今年のいろんな新聞記事が映し出されるんだけど、どれも重くて暗いものばかり。
曲の内容も、重かったな〜。。
私はね、あんまりこういうのは好きじゃない。
もちろん、社会問題について考えることはあるけど、心痛めることもあるけど、ライブで重い曲を聴くのは好きじゃない。
歌詞も曲調も、ハッピーなものが好きだから。
「平凡」も同じような流れで力強い感じで歌い、「オオカミ〜」はまさに馬場さん!って感じの歌詞の曲。
平凡なヒーローたちによろしく、は今回のツアーのタイトルにもなってるから、この曲がツアーの核となるものなんだろうな。

私は、最後に歌った新曲、「弱い虫」がとても心に響いた。
最初、私が日頃こうなれたらいいのに、こうなれたら楽なのに、って思ってるような歌詞が並んだんだけど、馬場さんは「そうならなくていい」「なれなくていい」って歌ったの。
そこで、心が崩れた。
っていうか、張り詰めてたものが崩れて、とても楽になった。
弱くていい、泣き虫でいい、そういう歌だったの。
なんか、弱い心に寄り添ってもらえてる気がして、この日初めてジワッと涙が出た。
もう1回聴いてみたいな。

そして、アンコール。
馬場さん、ツアーTに着替えて登場。
アンコールで5曲も歌ってもらえるなんてね。うれしいよね。

en.1:明日へのフリーウェイ
     2:草野球
     3:クロノス
     4:働楽〜ドウラク
     5:ボーイズ・オン・ザ・ラン

「草野球」ではサックスの方がアンパイヤーのマスク?つけて「プレイボール」なんて叫ぶシーンもあり。
全体的にサックスの方(ごめんなさい、名前忘れちゃった・・。(^∇^;))大活躍という感じだったのですが。
なんかこの辺りから、やたら目が合ってばかり、というか、見るたびに見られてる。笑
目の前だからそうなっちゃうのかな。
しかも目が合うたびに、優しく微笑んだり頷いてもらえたりなんかして。
私、とっても得した気分。笑
だから、なんかすごーく印象に残ってるのです。素敵な方でしたよ。(〃∇〃)

「働楽」では、なんと馬場さんが目の前に来て歌ってくれて、しばらくそこから動かないの。
汗のしずくまで見える距離だもんね。手だって届きそうだし。
もう、このときのtとiさんの興奮ぶり(笑)、こちらにも伝わってきました。
やっぱりね、いいよね、最前列って。
私も、この曲は馬場さんに負けないくらいピョンピョン跳ねた。
楽しい〜♪ ジムの成果か、もっともっと跳ねても平気な感じだったよ。笑
この後、馬場さん、ステージを降りて、通路を通り、真ん中より少し後ろ辺りで歌う、というシーンもあり。
通路を通るとき、みんな馬場さんに触ってた。笑

そういえば、iさんはいろんな曲で涙を拭ってたね。
私はそういう姿を見ながら、ジーンときて、今年もまた大好きな馬場さん見に来れてよかったね、って、思うんだよね。

最後は「ボーイズ・オン・ザ・ラン」。
馬場タオル忘れず持ってったもんねー。
やっぱりこの曲は、馬場さんライブになくてはならない曲だね。
最後まで、すごく盛り上がって、楽しかった。
サインボールは、結構たくさんの数投げられてて。
この日がお誕生日だったお友達が、取れたらいいなーなんて思ったんだけどね。
やっぱり600人の中であれを受け取れた人って、相当ラッキーな人だね。

来年は、アコースティックサーキットで、また福岡に来てくれるらしい。
久しぶりのイムズホール。
私が初めて馬場さんライブに行った場所で、初めて会ったiさんと意気投合した思い出の場所。
また、みんなで会えるといいな。
そのためには、元気でいないとね。
いつもチケット取ってくれるtに、そういえばあと250円を払い忘れたことを、今ふと思い出したりしてる。
ごめんね、うっかりで。(^∇^;) 近いうち送ります。
ミッキーママ(ミュージシャン伊東ミキオさんのお母さま)も相変わらずお元気そうで。
iさんからは、手荒れに効くハンドクリームまでいただいちゃうし。
みんな大好き。ありがとう。
私が馬場モードに入れなかったんじゃないかと心配した遠くからの2人も、しっかり楽しんで帰れたようで、よかった。\(^o^)/
次は私が行く番だね。
今年は最後まで、お楽しみがあってうれしいな。

* comments(6) * - * 馬場俊英 * 21:18 *
*スポンサーサイト*
* - * - * - * 21:18 *
コメント
こんばんは。
とうとう書いてくれたね。
ありがとう。

私はまだまとめられないので、今夜か近いうちに書くね。書いてくれてありがとう。
確かにあなたは、全然ババモードではありませんでした(笑)
でも、
やっぱり、私はtomoeさんと似てるね。
あのダークな感じは私は・・・・でした。
みんなが同じように感じなくていいんだよね。
オオカミ、弱い虫は同じだった。
やっぱり、
馬場ちゃんだった。
なんか、今までの、お利口な人のいい馬場ちゃんが、僕は違うんだよ、て言ってる感じが好きだった。
同じ曲でもそれぞれに感じ方があって素敵だね。

私は1曲目で、ちょうと気分悪く倒れそうと座ったけど、やっぱり体が動いたよ。
tomoeさんが書いてるように、きっとおかしいだろうけど、馬場ちゃん目の前でうれしかった。
前の黄色いロープとガードマンみたいなお兄さん気にしながらかじけてたよ。大丈夫、だよ。
でも、やっぱりうれしかった。
1人じゃなくて4人で参戦できるのがまた嬉しさUPだよ。
ありがとう。
こんな、ミーハーな私に付き合ってくれて。
また、6月に会おうね。
30日前体調気を付けてね。
またね。
* itikいちこ * 2011/12/22 12:30 AM *
>いちこさん
こんばんは。コメントどうもありがとう。
ライブの日はお世話になりました〜。
楽しかったね!
馬場モードじゃなかったけど(笑)しっかり楽しめたよ。
これもみんなと一緒だったからかな。
それと、あんな特等席のおかげ。
曲の好き嫌いは人それぞれだよね。
私はハッピーなものが好きだから。
泣けるバラードも時には好きだけど、ダークな内容、曲調のものは、ちょっと苦手かな。
でも、いろんなタイプの曲に挑戦する馬場さん、すごいよね。
同じようなものばかりより、ずっといいと思う。
いちこさん、当日はちょっと体がきつかったんだね。
すぐに座ってたから、大丈夫かな?って思ってたけど、最後の方は元気いっぱいになってたね。笑
さすがにあんな目の前じゃ、元気出ないはずないよね。
よかったねー、ほんとに。
私も、今回もまたいちこさんと参加できて、嬉しかったよ。
6月までまだ先は長いけど、馬場さん、他の県にも行きたいって言ってたし、来年は宮崎の近くで会えるチャンスもあるかもね。
私は思い出のイムズホールで、またみんなに会える日を楽しみにしてるね。
* Tomoe * 2011/12/22 10:42 PM *
こんばんは、ご無沙汰してます。

久しぶりに覗かせてもらったら、馬場さんのライブに参加されたのですね〜♪

でも、知らない曲もある〜笑

今年は、浜田省吾さんイヤーだったので(笑)ホントに、馬場さんはご無沙汰だったのですが、
4年前、仕事を始めたばかりの私の肩をおしてくれてたのは、やっぱり馬場さんの明るいほうの「スタートライン」でした。
ふっきれた感じが好きです。

今回のライブも、そんなテイストだったようで、参加されたTomoeさん、羨ましいです。

こんな風に、肩をぽんって叩いてもらったTomoeさん、
来年も、気構えず、素敵な音楽に囲まれて、すごしていけたらいいですね。

どうぞ、よいお年をお迎えくださいね。
* くり * 2011/12/30 8:26 PM *
>くりさん
明けましておめでとうございます!
コメント遅くなってすみません・・。
私の方こそ、ご無沙汰してます。
お元気でしたか?
久しぶりに来ていただけて、すごくうれしいです。

私も、今は他に一生懸命なので(笑)、馬場さんは普段はご無沙汰してることが多いけど、ライブで福岡に来てくれたときは、必ず行くようにしてます。
行くとやっぱり、馬場さんいいな〜って感じて、元気をもらえるんですよね。
明るいほうの「スタートライン」、くりさんも好きなんですね。同じですね〜。
今回のライブ、よかったですよ。
馬場さんから、若さや元気、分けてもらった感じです。
今年もますます頑張らなければ〜!

最近はブログも控えめですが、また時々お話できて、どこかのライブなどで会えるといいですね。
今年もよろしくお願いします。
くりさんにとっても、幸せな1年になりますように。
* Tomoe * 2012/01/02 12:18 AM *
私のバースデーライブから( ̄▽ ̄) 2週間以上が経ち、
すっかり新年も明けてしまいました、、、。
あっ、明けましておめでとうございます。。

福岡ではすっかりお世話になりました〜。
空港まで迎えにきていただいて、ありがとうございました♪
ライブ前から盛り上がりましたねー!
ワッツ話!( ´艸`)
ほんと、馬場さんのライブ前なのに、話す内容がワッツばかりでおかしかったです(笑)
Tomoeさんとお別れした後、私もYちゃんもすごく引きずっていました、あの話(^▽^;)
なので、ライブ直前まで馬場さんモードになれないままでしたが、
始まっちゃうとすっかり馬場さんの世界に。
セットリストは知っていたけど、あんなにきゃぴきゃぴした馬場さんを想定していなかったので(笑)、
出だしからもっていかれましたわ。

新曲コーナーは圧巻でしたね。
後半全てが新曲とは!
思いもしないセトリでした。
「わるもの」は、Tomoeさんはあまりお好みではない感じなんですねー。
私は好きです。
元々尾崎が好きだし、須藤さんと馬場さんが作った曲らしくて、
スクリーンから作られる世界観も素晴らしかったなって思いました。
こういうのは好みですからね、いいとか悪いとかではないですよね(^^)
「わるもの」〜「平凡」への流れでギターをかき鳴らす馬場さんは、ホントにかっこ良かったです。
「オオカミの歌」はね、ファイナルの大阪がものすごく良かったんです。
馬場さんのファンで良かったーって改めて心から感じた曲。
本当に素晴らしくて涙が止まりませんでした。

そして「弱い虫」。
Tomoeさんとまったく同じところで、私もドキッとしました。
Tomoeさんは心が崩れたと表現されていたけど、本当にその通り。
私もあのひと言で心が崩れました。
ものすごく強烈なひと言でしたよね。
今でもあの時の衝撃が心に残っています。
どこに行けばいいかわからなくて行けないんじゃない、
どこに行くかもどうやって行くかもわかっているけど行けないんだ。
って、馬場さんだから歌える曲だし、馬場さんが歌うから響く曲だなぁって思います。

アンコールの怒濤の5曲も、おなじみの盛り上がり曲が並んでいて楽しかったですね〜(=^▽^=)
こういうところがバンドって楽しい(*´∇`*)

はぁ〜、語り始めると止まりませんね〜。
って、めっちゃ長いコメントになっちゃいましたー(>_<;)

年末のライブレポも楽しみにしています♪
* maki * 2012/01/03 12:47 AM *
>makiちゃん
明けましておめでとう!!
年末はお世話になりました〜。
お泊まり楽しかったな〜。
ほとんど寝てなかったのに、みんな元気だったね。
makiちゃんにはほんと、感謝してます。

コメントどうもありがとう。待ってたよ〜。笑
馬場さんの福岡ライブ、もう遠い昔のことのようだわ。。。
ほんと、馬場さんのライブの前なのに、話題がひどかったね。笑
私もいろいろ複雑で(笑)、話したいけど話せず、、、という感じで、あんなわけの分からない中途半端な話に・・。(^∇^;)
でも、あんまり話しても、もっと引きずらせる結果になってたかも、なんてね。
ほんと、ごめんねー。

でも、最初から馬場さんモードになれたみたいでよかった〜。
そうそう、馬場さん、きゃぴきゃぴしてたよね〜。笑
最近の馬場さんにない感じで、なんだか元気もらえてうれしかったよ。
新曲あんなにたくさん作ってたなんてね〜。
それを全部、後半に持ってくるなんて、ずいぶん思い切ったことしたな〜って感じ。
でも、初めて聴く曲だけど、どれもそれぞれによかったね。
私は、「わるもの」のような重い曲はどうも好きではないんだけど、たしかにあの世界観は、引き込まれるものがあったよね。
「オオカミの歌」はファイナルがよかったんだね。
私はどの曲も1度しか聴いてないから、どれももう1度聴きたい気持ち。
歌詞とか、もう忘れちゃって・・。
「弱い虫」はmakiちゃんも同じようなこと感じてたんだね〜。
ほんと、衝撃だったね。
まさか、そう来るとは思わずに聴いてたから、あのひと言で、心がグラッってなった。
響いたね〜。。ほんと、あの衝撃は忘れられないや・・。
最後もしっかり盛り上がって終わったし、今思い出しても、やっぱり楽しくてグッとくるライブだったな〜。
これだからやっぱり、馬場さんは外せないって感じ。

会って話すのはワッツのことばかりだけど、馬場さんも語りだすと長くなるね。笑
次は馬場さんでも語り合う?
やっぱり会ったらワッツになりそうだね。(^∇^;)
年末のレポ、いつになるかな〜。
まだ余韻に浸ってボーっとしてるんだけど、感動が薄れないうちに書かないとね。
いっぱいコメントありがとうね。(*^_^*)
* Tomoe * 2012/01/03 10:04 PM *
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

まかない付アルバイト