<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 紫陽花ロード | main | 8年目の梅雨 >>
*スポンサーサイト*

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * - * *
*馬場俊英 Acoustic Circuit 2012 @ 福岡イムズホール*


馬場さんのアコースティックサーキット、イムズホール(福岡)に行ってきました。
イムズで馬場さんを観るのは、これが2回目。
私の初・馬場さんライブが、2007年12月のイムズホールだったので。
なんと4年半前なんだな〜。。
あのときは、まだ馬場さんを知って間もなくて、馬場さんを観れることがうれしくて仕方なかったっけ。。
そして、整理番号すごく悪かったんだけど、たまたま番号が続きだった宮崎からの i さんと、お互い一人参加だったこともあって、初対面なのに意気投合。
後ろの席で二人でやたら盛り上がったっけ。
なつかしいなぁ。。
あのときは、信じられないくらいはしゃいで楽しかった。笑

そんな、思い出の場所イムズホールで、今回また i さんと二人で並んで参加。
うーん、なんだか感慨深い。。
あれから、他に好きなものが出来たこともあり、馬場さんからは少し離れてしまった私だけど、馬場さんのライブには必ず一緒に参加して楽しんで、そういうお付き合いを続けさせてもらってることが、ほんとに幸せだな〜って思います。
ライブ前には、熊本からの友達 t も含め3人でお喋り。
久々だから、お互いの近況報告が主だけど、ほんとに楽しくて癒される時間。
その後、 i さんの宮崎のお友達と合流しつつ、会場へ。

今回の席は、3列目の右端に近い辺り。
4年半前、人の頭の間からちらちらとしか馬場さんが見えなかったことを思えば、とても贅沢な席です。
今回のツアーは、会場によって、馬場さんひとりだったり、バンドが付いたりと様々なようで、セットリストもいろいろだったみたい。
福岡では、4人編成のバンドスタイルでした。

ほんとにね、今回のライブ、私は好きだったな〜。。
会場の広さもちょうどよかったのか、ステージとファンの距離(心の距離も)がとても近い気がした。
ステージで、ただ歌って聴かせるだけじゃない、なんだろうな〜、、あったかい空気のやり取りみたいなの?
表現力ないのでうまく言えないけど、そんなほんとに優しくてあったかいものを感じた。
そして、ふんわりと落ち着いたその空間の中で、馬場さんの素の姿をたくさん見れた気がしたの。
ほんとにお茶目でかわいくって。
おもわず「かわいい〜」ってつぶやいちゃったもんね、私。笑
アコースティックなバンドの演奏も素敵でね〜。。音がキラキラしてた。
素敵な大人のライブだったな〜。。
しばらく余韻が抜けなくて、ポー(*´ェ`*)っとなっちゃってたもん、私。

CDはいいか〜。握手も別にいいか〜。
・・なんて思うほど、馬場さんから離れてたのに、しっかりCD買って握手の列にも並んじゃったしね。笑
ただ、CDを聴かなくなってたせいで、曲が始まっても「あれ?なんて曲だっけ?」って、たしかに聴いたことあるのに、タイトルも入ってるアルバムも分からない、なんて曲が、数曲ありました。
ファンクラブにも入ってないので、情報にも疎いですが気にしてません。
そんな、かなりゆるい馬場さんファンですが、ライブはほんとによくて感動しました。

以下、ネタバレしてるので閉じますね。


ここからネタバレです。



**************************************




2012年6月9日(土)
福岡イムズホール

<セットリスト>

1:Something Blue〜きっといいこと
2:幸せのウェイティングリスト
3:スニーカードリーマー
4:本日のコーヒー
5:陽炎
6:言いたいことはI LOVE YOU
7:Bird
8:右と左の補助輪
9:二十年後の恋
10:人間の駱駝(大塚ガリバーさんのカバー)
11:春のからっ風(泉谷しげるさんのカバー)
12:平凡
13:HALF
14:ボーイズ・オン・ザ・ラン
15:弱い虫

en.1:犬はライオンになりたくない
     2:オオカミの歌

全部で17曲ですが、長い曲が多いので20曲以上は歌ったみたいな感じ。
そして、途中で小芝居まであったので、ほんとにたっぷり、充分に楽しめた時間でした。
ただ歌を聴くだけじゃない、トークショーを観たような感じもありました。
なんといっても、小芝居。笑
最初、「Bar平凡」の看板がステージ向かって右端にあって、カウンター席のようなものも用意されてたので、雰囲気を出してるのかな〜、素敵なセットだな〜なんて思ってたんですが。
まさかそこで小芝居が行われるなんて。笑
私、大好きなんです、そういうの。
だから、めちゃくちゃツボでした。あのちょっとわざとらしい演技。
もう、何回でも観たい。
今回のライブは、もう一度観たい、って気持ちにさせられました。
もちろん、小芝居だけじゃなく、すべて素晴らしかったんです。

1曲目、じつは何の曲か分からなかったです。。。
とても好きな曲で、聴いたことあるのに、なんだっけ?って。。(^∇^;)
4曲目の「本日のコーヒー」も、分からなかったけど、すごくよくて、終演後にもらったセットリスト見て、これも「フクロウの唄」に入ってる曲だったのか、、、って。
家に帰ってから、久々に聴きました。「フクロウの唄」。
「フクロウの唄」って、馬場さんのアルバムの中でも、私は聴かない部類のものだったんだけど、こんなにいい曲が入ってたんですね。
でも、CDよりライブの方が、やっぱり断然よかったなぁ。。

あと、「Bird」も最初分からなかったの。
「blue coffee」は結構聴き込んでたと思うんだけど、、、やっぱりブランクが大きかったかな。(^∇^;)
でも、ほんとにすごくよくて、歌詞もメロディーも心に残って、なんて曲だったかな〜って、ライブが終わるまでずっと考えてた。
アコースティックな演奏も、優しくてムードがあって素敵だったからかな。。
「Bird」、よかったなぁ。。もう一度聴きたいな。
その後、「右と左の補助輪」がきて、あの並びは泣けたなぁ。。
歌詞がすごく心に入ってきてね、ジワッと泣きそうだった。

「陽炎」もなんだかCDとは違う感じで、素敵にアレンジされてたし。
「言いたいことはI LOVE YOU」は、この日のライブの曲の中で、じつは一番昔に作った曲だそう。
デビューシングルにしようか、って話もあったけど、ボツになって、「青春映画が好きだった」までずっと日の目を見なかった曲なんだって。
こうして見ると、この日のセットリストは、昔と今、みたいな感じで、間の曲があんまりなかったのかな〜。
私には、長いこと聴いてなかった馬場さんの素敵な曲に、再び気付くきっかけになって、よかったかな、なんて。

演奏も素晴らしかったな〜。
BABIちゃんのギターの音が、とにかく好きでした。
とってもきれいな音色で響くの。素敵だったな〜。。
ベースの音も、ドラムがないとこんなにボンボン響くんだ、、って。
アコーディオンも登場したり、馬場さんが弾いてたオルゴールみたいな音が鳴る小さな楽器は、カリンバかな?
ほんとにかわいいきれいな音で鳴るの。素敵だったな〜。。
ガンガンくるような演奏じゃないから、座ったままでじっくり聴けて、いい大人の時間を過ごせた感じです。
いや、立ってピョンピョンするのも、私は好きだけどもね!笑
「HALF」でみんな立ち上がって、そのあと「ボーイズ・オン・ザ・ラン」がきたときは、やっぱり嬉しかったな〜。
おもわず i さんと顔見合わせて、やったー\(^o^)/って感じだったもんね。笑
私は、馬場タオルを持って行くのを、また忘れていたけどね。(^∇^;)

途中、小芝居があってね。笑
馬場さんたち4人が、Bar平凡のお客さんになってるの。
ツアー回ってる途中で、ふらっと立ち寄った、っていう設定。
マスターには、どなたか知らないけど、29歳のイケメンの方。
そこでいろんな会話をするんだけど、それがいちいち笑えたな〜。笑
ベースの方が、じつは福岡に住んでたことがあるって話や、博多山笠の話も出たりして。
馬場さん、山笠を知らない、って言って、ちょっとひんしゅく買ってた。笑
いつかのライブで、山笠の話ちらっと出てた気がするんだけど、気のせい?
それとも、馬場さん、自分が山笠の話をしたことすら、忘れてしまったのかな?
なんだか、ちょっと天然ぽくて、かわいい馬場さんでした。

そして、そのBar平凡には、昔のレコードも置いてあってね。
その中から、選んだ曲を、馬場さんたちが演奏することになるの。
この辺の芝居が、じつにわざとらしくて可笑しいんだけどね。見なきゃ分からないよね。笑
選んだ2曲は、昔「青が散る」というドラマの主題歌だった「人間の駱駝」と、泉谷しげるさんの曲で「春のからっ風」。
この選曲がまたよくてね、どちらも素敵だったな〜。。
特に、繊細な歌詞の「春のからっ風」、心に残ったなぁ。。

MCで面白かったのは、エレベーターの話。
馬場さんが9階で、下に降りるエレベーターを待ってたら、10階からきたエレベーターが止まって、女性が二人降りてきたって。
その女性二人は、フロントかと思って降りたようだったって。
フロントというと1階なのに、10階から乗って9階で降りてしまうなんて、ちょっと早すぎるんじゃないか、って。笑
それから、エレベーターの「開」と「閉」のボタンは、間違えやすくて困るって。
漢字だと似てるし、三角の記号で書いてあるのも、分かりにくいって。
じゃあどうするか。
馬場さんは、○と×にしたらいいんじゃないか、って。
それをどこに提案しようか、って言ってた。笑
あと、他にも馬場さんがいつまでも把握できないものがあって、それは自宅のトイレの電気と換気扇のスイッチだって。
どっちがどっちだか、未だに分からないから、いつも適当に押してるらしい。
馬場さん、、、かわいすぎます。。笑

「弱虫」や「オオカミの歌」や「平凡」は、やっぱり歌詞が心に沁みたなぁ。。
馬場さんの歌詞って、ほんとに普通に生きてる普通の人の日常や心に寄り添ってくれるもので、それも私たち世代には特に「同じ気持ち」と感じられるものが多く、だからこんなにジンとくるんだろうなぁ。。
平凡な私たちが地球を回してる、って歌ってくれる馬場さんが、やっぱり好きです。
そして、このツアーで初めて歌ったという「犬はライオンになりたくない」、とても好きだったな〜。。
ああしろ、こうしろ言われるのは嫌だ!っていうような歌詞なんだけどね。
そういう反骨心っていうかな、私は結構好きなんだよね。
字余りで語るように歌うのも、好きだしね。
「人生という名の列車」の頃の馬場さんを思い出すような、、、そんな歌だったな〜。

馬場さん、やっぱり素敵だな〜って思った。
好きだな〜って。
ほんとに今回のライブ、もう1回行きたいんです。
そんな風に思ったのは、初めてかもしれない。
だから馬場さんにも、毎回来てるけど、今回とくに好きだったこと、感動したこと、伝えました。
ちゃんと目を見て、しっかり頷いてくれた馬場さん。
私も馬場さんみたいな素敵な大人になりたいって、心からそう思った。
楽しくって素敵な時間を、どうもありがとう。

なんだかまだ書き足りてないとこありそうだけど、、、結構長くなっちゃった。(^∇^;)
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

* comments(2) * - * 馬場俊英 * 20:43 *
*スポンサーサイト*
* - * - * - * 20:43 *
コメント
こんにちわ!!

お久しぶりでーす・・・・(^_^;)
お元気でしたか、すっかりコメントもせずにただ時間が過ぎてしまいました。


自分のところも最近はまったく更新もせずにさぼりぱなしです・・・涙
ねたは・・・・・新鮮な物がたまに入るのですがね〜

とりあえず・・・TOMO達期限が切れそうなので訪問して更新手続き完了と・・・ほっ!!
今度またゆっくり来ますので・・・・・・・・・(^^ゞ


* hero * 2012/06/12 6:20 PM *
>heroさん
こんばんはー。
いらっしゃーい!!
ずいぶんお久しぶりですねー。
ほんと、TOMO達期限が切れそうなくらい、久々ですね〜。
よかったぁ。まだ忘れてなくて。。笑
でも、元気そうでよかったです。
久々に来たのに、ずいぶん早いお帰りで、、、淋しいなぁ〜。
またゆっくり来てくださいね。
ブログも書いてくださいね。新鮮なネタをたっぷりと!
まってまーす(*´∀`*)
* Tomoe * 2012/06/13 1:00 AM *
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

まかない付アルバイト