<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 梅雨の季節がやってきた | main | 佐賀でお昼のカフェライブ >>
*スポンサーサイト*

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * - * *
*東京60WATTS @ 大阪南堀江knave*
6月2日(日)は、東京60WATTSのライブを観に、大阪は南堀江knaveへ。
年末に東京でライブがあったときには行けなかったから、私にとっては活動休止以来2年半ぶりのワッツのライブ。
東京でのライブがすごくよかったと聞いて、行けなかった悔しさを感じてたのもあって、次にライブがあったら何としても行くぞー!!と思ってはいたけど、最近は他に夢中になれるアーティストさんができたのもあって、休止中のワッツからはすっかり心が離れてた、というのが正直なところ。
だから、大阪でワッツのライブがあると知って、うわーーー!!!って興奮してしまった自分に、ちょっと驚いた。
あれ? 私、こんなに舞い上がってるなんて?
こんなにもワッツを待ってたんだ?って。

とはいえ、そう簡単にワッツモードになれるものでもなく、今のワッツにどれほど心持ってかれるだろうなぁ?と思ってみたり。
でも5人がステージに居る姿を想像しただけで、ジーンときて涙目になってる私が居たり。
期待してるんだかしてないんだか、なんかよく分からない気持ちのまま過ごしてた。
それでもやっぱり、これまでサポートなどでメンバーの一人一人にはちょこちょこと逢っていたけど、5人揃ったワッツに逢える!!というのはとてもとてもうれしいもので。
特に大山さんには、休止以来2年半逢っていなかったし。
それに、ワッツのライブは大阪にばかり行っていたから、久々に懐かしいワッツファンの方々に会える!!一緒にライブを観れる!!なんて思うと、行きの新幹線の中ではもう、体が浮き上がりそうなくらい、わくわくも頂点に達してきてた。

ライブはすごくよかった。
まさに60WATTS!!
2年半のブランクなんて感じさせない、ワッツのライブはこうだったなーー!!って思い出させてくれるライブだった。
やっぱりね、実際に味わってみなければ、そのときの気持ちなんてものは分からないものだね。
あんなに心が動くなんてね。。
たった30分〜40分程度のステージだったけど、その間にほんとにいろんなこと思い出して、過去にタイムスリップしてみたり、いろんな感情があふれ出してきて、泣きそうになったり、でも楽しくて笑ったり、、、。
なんかもう、ぐわんぐわんと心の中かき回されたみたいに、心乱されて、終わったあとはドッと疲れてた。笑

たけしくんの唄う姿は、おおたけしたちやソロでも数回観ているけど、やっぱりワッツのメンバーの中心に立って唄ってる姿が一番好き。
汗だくになって、狭いステージで跳ねて、やんちゃ坊主みたいに笑うたけしくんが、一番かわいくてキュンとなる。
初めて大阪でたけしくんを観たときのことを、思い出してたの。
たしかあれもknaveだったんだけど、たけしくんがステージから飛び降りてきたのね。
それも、私の前の男の人の肩にまたがって肩車させて。笑
もう、ドキドキだったなぁ。今にも私のほうに倒れてきそうで。
どうしよう、どうしよう、倒れてきたら!受け止めないと!って覚悟を決めてた。笑
その後も何度か客席に降りてきて、そのたびにハラハラ。
この人、何をするか分からないぞ?っていう恐怖感がわくわくに変わって、それ以来ワッツの(たけしくんの?)とりこ。笑

そしたらこの日も、最後の方でステージから客席のテーブルに足をかけて降りてきて。
でも、テーブル壊しちゃいけないとか、テーブルの上のドリンク倒しちゃいけないとか、ちゃんと意識してたみたいで、そーっと足を乗せただけの、大人なたけしくんだったけど。笑
それにしても、久しぶりにたけしくんにキュンとなった。
最高にかっこよくて、最高にかわいかった。
やっぱりワッツのたけしくんが、一番キラキラしてると思った。

ライブは「外は寒いから」で始まって、タクオさんのソロから4人の居るステージにたけしくんが登場するという、一番気持ちの上がる始まりかた。
たしか休止前のミナホもそうだったよね。
この日のknaveは前の方だけにテーブルと椅子があったんだけど、たけしくんが登場した瞬間にみんな立ち上がって、スタンディングのライブになった。

セットリストは以下のとおり。

1:外は寒いから
2:目白通りいつも通り
3:月夜にムーンウォーク
4:はなうた
5:サマータイムブルース
6:昇天
7:東京60WATTSのテーマ


最高のセトリだったなぁ。。
「外は〜」「目白〜」「月夜〜」の3曲は、ワッツなら必ず唄って欲しいと思うような大好きな曲で。
久しぶりに聴くワッツの音、たけしくんの歌声。
タクオさんは相変わらずすましてかっこいいピアノを弾き、お髭のなくなった太郎くんも変わらず良い音のギター。
2年半ぶりに観る大山さんは、演奏しながら優しい笑顔で、なんだかジーンときて泣きそうだった。
そして森さん。
ワッツのライブのときは、私はいつも定位置から森さんを観てたんだよ。
ちょうどたけしくんと太郎くんの間あたり。森さんの姿がよく見えるんだ。
そんなこと思い出しながら、同じような位置から(やや後ろめだったけど)森さんを観てたよ。
たけしくんの言葉にいちいちつっ込み入れる森さんも相変わらずで、そんなことにもキュンとなりながら。。

「はなうた」はなんだか泣けたなぁ。
歌詞がほんとにせつなくて。
それを歌い上げるたけしくんの姿が、とてもかっこよかった。
ワッツの活動休止を知ったときの感情が、湧き上がってきた。
どうして休止なんか?
こんなに素敵なバンドなのに!
こんなに大好きで愛しくてたまらないのに。
淋しい思いさせるなんてヒドイよ。。
そんな気持ちが蘇ってきて、胸が苦しかった。
苦しかったけど、感動もしてた。
ワッツは今でもほんとうに素晴らしいバンドだと思った。

「サマータイムブルース」はうれしかったなぁ。
大好きな曲。聴けるなんて思ってなかったから、うれしかった。
そして、「昇天」。
これは、絶対やって欲しかったよね。
タクオさんのピアノから、森さんのドラムが入ってくるところ、相変わらず今でもドキドキするんだなー。
これぞ、ワッツ!!って曲。最高にかっこよかったよ。
最後の「テーマ」もやってくれてうれしかった。
ワッツは今でもワッツのままで、変わらず居るんだな、、って思えたよ。
楽しくて、うれしくて、でもちょっとせつなくて、苦しくて。
涙目のまま、笑ってた。
60WATTSをまた観ることができて、ほんとうによかったと思った。

大阪でのライブは、いつもワイワイしてて楽しくて。
ステージ目の前には、いつも同じ顔が並んでて、みんな笑顔で。
そんなみんなの顔を、2年半ぶりに見れたのも、うれしかったなぁ。
長いこと会ってなくて、みんな音楽好きだから、この2年半の間にはいろんなアーティストのライブに行ってたりするけど、またこうしてワッツで会えたのがうれしかった。
ライブ前には、別のライブでも顔を合わせて仲良くさせてもらってるお友達と三人で食事したり、その後二人加わって、カフェでお喋りしたりも楽しかった。
一緒に撮った写真を眺めて、しあわせな気持ちでいっぱいになってるよ。
一緒に過ごしてくれて、どうもありがとうね。
会場でもほんとにいろんな人に会えて、会うたびに「ああー」ってお久しぶりの挨拶を交わして。
なんかそういう、ワッツでできた繋がりが、とてもあたたかくて、居心地良くて。
大好きだなぁと思った。ワッツも、ファンの人たちも。

私は新幹線で帰らなきゃならなかったから、3番目のアーティストさんが終わった時点で帰ったけど、最後アンコールで出演者全員で「上を向いて歩こう」を唄ったようだね。
ワッツも、その日のうちに新幹線で帰らなきゃならなかった太郎くんを除いて、4人は参加したんだね。
観たかったなぁ。
慌てて帰ったから、ワッツの人たちともチラッと顔を合わせたぐらいで、お話もできなくて。
でも、大山さんだけは2年半ぶりだからぜひ挨拶を!!と思って狙ってたから(笑)、なんとかお話できてよかったー。
といっても、1〜2分程度だけどね。笑

そして今、終わってしまって思うことは、ずっとじゃないんだよなーっていうこと。
そんな、ちょっとガッカリな気持ち。
あんなにかっこいいライブを観て、ワッツはやっぱり素晴らしい!大好き!って思っても、次はまたいつになるか分からない。
こんなに心をかき乱しておいて、サーッと去って行かれた感がある。
でも、それでもまた観たいと思う。
また5人で戻ってきてくれる日を待ってる。
待ってるから、またライブやってください。
いつまでも、60WATTSでいてください。

できれば、、、できれば私があんまり歳をとらないうちに、いっぱいライブやって欲しい。
そのうち遠くのライブに行くだけの気力も体力もなくなって、すっかりおばあちゃんになってしまうかもしれないからね。(切実!)

* comments(4) * - * 東京60WATTS * 19:44 *
*スポンサーサイト*
* - * - * - * 19:44 *
コメント
ここにコメントを書かせてもらうの、久しぶりだなぁ〜。

Tomoeさん、日曜日はありがとうございました。
同じ時間を過ごせて嬉しかったです(^_^)

ライブが始まる前の会場前は、同窓会みたいでしたねー。
2年半前は当たり前だったことが、実はとってもかけがえのないものだったんだなぁって、今さらながら痛感しました。

たけしくん、キラキラしてましたねー。
ワッツの時のたけしくには、とにかくキュンキュンします(*´∀`*)
何をしでかすかわからないあの感じが大好きです。
森さんとの掛け合いも相変わらず楽しかったですね。
森さんはたけしくんと絡んでる時は楽しくて、普段は優しくて、ドラムを叩いている時はかっこ良くてって、悔しいくらい人として完璧な気がします。
私もああいう大人になりたい(笑)。
大山さんのライブ中の笑顔もすっごく大事。
あの笑顔には安心感と安らぎと頼もしさを感じます。
そして太郎くんは、たけしくんのことを覗き込むようにして弾く姿が大好きだなぁ。
あと、紹介の後にソロを弾く時の仕草がめっちゃカッコいい!
心がギュイーンってなります(*ノ▽ノ*)


Tomoeさんは「サーッと去って行かれた」。
sunnyさんは「あーあ」。
どちらもものすごくよくわかります。
どんなに楽しいライブをしてくれても、最後に感じることがこうなっちゃうのはやっぱり淋しいですね。
どうしようもないこと、なんですけどね。

またいつか、があったら、また一緒に、見ましょうね(^_^)




* maki * 2013/06/04 10:38 PM *
>makiちゃん
おはよう(^_^)ノ
makiちゃん、さっそくコメントありがとうね。
ほんと、久しぶりだねー。いっぱいコメントありがとう。
コメントに、makiちゃんのワッツへの愛があふれてるなーって思ったよ。

こちらこそ、ライブ前はどうもありがとう。
ワッツの休止発表後のミナホのときもそうだったけど、
ああいうとき一緒に過ごせる仲間がいるって、幸せだなぁって思う。
今回もほんとに楽しかったし、幸せだった〜。
みんな変わってなくて、ほんと同窓会みたいだったね。
名前知らなくても、顔見たら「ああ〜」って人もたくさん居た。笑

たけしくん、ほんとにキラキラしてて、まぶしかったな〜。
こうだったよね!たけしくんって!・・って思い出せて嬉しかった。
ずっとこんな姿を見ていたかったな、ってどうしようもないこと思ったりもしてね。。
みんなかっこよかったよね!
森さんも、大山さんも、太郎くんも、、、あれ?makiちゃん、タクオさんだけ書いてないのはなぜ。笑
今さらな感じかしら。(*´艸`*)
私はこの日はほんと、たけしくんのキラキラっぷりが結構衝撃で(笑)目が釘付けになっちゃって、、。
他のメンバーも、もっともっとじっくり見ればよかったな〜。(ごめんなさいっ)
やっぱり時間短いよね。
あっという間に終わっちゃったな〜。。

sunnyさんのブログ読んできたよ。
分かるな〜って気持ちがいっぱいで、コメントしたかったんだけどできなかった。
次がない、先が見えない、っていうのはやっぱり淋しいね。
こんなに好きになったのになぁ。
また5人でライブやってくれるように、願うことしかできないね。
そのときはまた一緒に。うん。
どうもありがとう。makiちゃん、これからもヨロシクね。(^_-)-☆
* Tomoe * 2013/06/05 7:10 AM *
すんません〜
私の話をこちらの場所で・・・申し訳ない(汗)

久しぶりに会えて、しかもワッツで集まれるなんてね〜
うれしかったです。
混ぜていただいてありがとうございました。

あの後、メンバーさんたちとも話せたんだけど
みんな楽しかったって、言ってくれたので
それだけで行った甲斐があったな・・・って

また同窓会したいですね〜


* sunny * 2013/06/05 1:55 PM *
>sunnyさん
こんばんはー。
わー。こちらこそ、来ていただいてすみませんー。
コメントどうもありがとう。(^_^)ノ

私もほんとに会えてうれしかったです。
ワッツで会えたのが、やっぱり懐かしくてうれしくて、、。
ブログ読ませてもらって、観る場所は離れてたけど、同じ想いで観てたのかな、って。
そう思って、なんかうれしかったです。
メンバーも楽しかったって言ってたんですね。
よかった〜。
ほんとにいいライブでしたよね。みんなが満足してたような。
またあんなライブを観れるといいなぁ。
そのときには、またご一緒しましょうね!
ワッツがライブするたびに同窓会だね。(〃∇〃)
今度はゆっくり、飲んで泊まって帰れたらいいなぁ。笑
* Tomoe * 2013/06/05 9:37 PM *
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

まかない付アルバイト