<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 子うさぎのホームステイ | main | おおきくなったね >>
*スポンサーサイト*

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * - * *
*桜*


桜の季節ももうそろそろ終わりだね。
こちらでは、昨日の風雨でほとんど散ってしまった感じかなぁ。
ほんとに、儚い命だね、桜の花って。

でもきっと、この短い期間だけ見れるからこそ、こんなにも心をふわっとさせてくれるんだろうな。
また、来年もきれいな桜が見れますように。

ずっと前に、桜にまつわる曲を集めたCD-Rを作ってて。
そんなことも忘れてたんだけど、この前家の整理をしてたら出てきたから、聴いてみたの。
馬場さんの「サクラブルー」とか、広沢くんの「桜の絨毯に乗って」とか入ってて、とっても懐かしかった。
今聴いても、好きなものはやっぱり好きなんだなーって思った。
ワッツが唄った「チェリー」も入ってた。
本家のより好きだったりするのよね。笑
たぶん3年前に作ったもの。

たった3年前なのに、ずいぶん変わってしまったんだな、って思う。
この3年は特に、人生変わったみたいに思う。
変わろうとも、変わりたいとも思ってたわけじゃなく、自然な流れで、自分がこうしたいと思うことをしてきたのかなぁ。
今はひとりのアーティストさんをどうしようもなく大好きで、ついていきたいと思ってる。

ずっと昔から変わらないことは、一旦夢中になったら、そのものにすべてのエネルギーを注ぎ込んでしまうこと。笑
これって変われないものかな。
おばあちゃんになってもこうなのかな、って最近思う。
まあ、あんまりおばあちゃんっぽくならなくていいかもね。笑
いつまでも元気に、好きなものを追い続けられますように。

四月九日が父の命日なので、四月は昔のことを思い出してせつなくなりがち。
満開の桜を見ると、病室での父を思い出すし、桜の花びらがハラハラ散るのを見ると、父が天にのぼっていくのだと、空を見上げてしまう。
大切な人のことは、何年経っても心に深く刻まれているね。

私の一直線なところはたぶん父譲りで、笑顔とほっこりして見られるところはたぶん母譲り。
これからも自分らしくいようと思います。


* comments(0) * - * つぶやき * 12:20 *
*スポンサーサイト*
* - * - * - * 12:20 *
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

まかない付アルバイト